さようならはじめまして。

とあるアラサーが、4歳の息子と生活しています。

交通安全スローガンを考える

かつて私は埼玉県の交通安全標語大会で優秀賞に選ばれたことがある。
小3の時だ。

交通安全の標語を考えてくるようにと先生から宿題が出され、頭の無い私は母にも協力してもらい、初めての共同作業で

『2人乗り 危険も一緒に 乗っている』
という標語を作り提出したところ、優秀賞に選ばれた。

だが、優秀賞のさらに上には最優秀賞というのがあって、つまり私が獲った優秀賞は2位なので悔しい思いをしたのであった。

2位でも凄いけどそれってお母さんのお陰じゃんということには一切触れないでいただきたい。
そういうデリケートな部分に触れた人には、私の作ったくだらんスローガンを送りつけるという嫌がらせをしてやろうと思う。(毎日)



昨日、録画していた『月曜から夜ふかし』を見ていたら、熊本県警の交通安全の電光掲示板が面白いというのがやっていた。

・飲酒運転ダメよ〜ダメダメ
・思いやり運転あったかいんだからぁ〜
・交通法規パーフェクトヒューマン

などのユニーク道路標識だ。


それをみていたらなんだか私、俄然燃えてきた。

これに勝ちたい!!
スローガンでナンバーワンになりたい!!
あの時のリベンジをしたい!!


というわけで私は平成28年度の交通安全スローガンでナンバーワンになるためさっそく考え始めた。


過去の入賞作品をネットで検索して見てみると、韻を踏んだ作品が多いように感じる。


『エゴを捨て 優しい運転 エコになる』
『ルール無視 信号無視は 悪いむし』

ほほぅ、上手い…。なかなかやるなぁ…。


わたしは飲酒運転をテーマにしたスローガンを作りたい。

「お酒の一杯よりも交通安全の気持ちをいっぱいに!」的なものを作りたいが、いくら考えても五七五にならない。
脳内エンスト状態。煙上げてる。


こういうときはやはり母親に相談だ。
小3の時と同じだ。デジャヴ。


母に「飲酒運転をテーマにしたい」「韻を踏みたい」「ラップ調のほうがなお良い」ということを伝えると、色々な案を出してくれた。

「かんぱいのいっぱいでしっぱい、というのを入れたらどう?」と。

さすが母!やるぅー!ゴーストライターの才能発揮してるぅー!


それにしてもラッパーは韻を踏む言葉がたくさん思いつくのだから本当に凄いと思う。たぶん母の前世はラッパーだと思う。ちなみに母は「神奈川生まれJ-POPそだち!悪そうなヤツはだいたいトモダチ!」だ。



2人で考えること30分、

ある程度形が出来上がってきたが、母が「かんぱい!いっぱい!しっぱい!オッパイ!」と下ネタに暴走し始めたので終了した。勝手に暴走しないで。スピード違反よ。


というわけで私は今年、ナンバーワンを目指して頑張ることをここに誓う。
ところで平成28年度の交通安全スローガンの応募期間はいつなんでしょうか…?