さようならはじめまして。

とあるアラサーが、6歳の息子と生活しています。

三四郎の小宮浩信が好きすぎて死ぬ

相変わらず漫才師の三四郎をYouTubeで見まくる毎日を過ごしているわけですが、今日は初めて三四郎のライブ(@アリオ鷲宮)を見てきました。

 
 
 
f:id:x1around30:20160429233819j:image
 
 
 
ショッピングモールの中にある広場にて、1時からと4時からの二部ありました。
2回とも見る気満々であげぽよな私でしたが、たいして三四郎に興味のない私の母親と息子は巻き添えです。
 
 
行きの車内で私が、
「あ〜〜やばい〜〜今日やっと小宮に会える〜〜幸せすぎる〜〜死ぬ〜〜小宮で死ねる〜〜」と小宮愛を語るなどして母親を呆れさせました。
 
あの呆れた母の顔は一生忘れません。ごめんなさいお母さん。
 
 
会場についたのが12:30だったのですが、ギリギリで席も確保できたのでラッキー!と思ったら息子がすでに移動の車内で飽きていたので、息子は母親とぶらぶらしに行くことに。私は1人でライブが始まるのを待ちました。
 
 
そして1時になって三四郎のライブが始まりました。
 
 
憧れの小宮…!ぎゃー!
前歯無い!目つき悪い!
いま絶対小宮と目が合った!
私のこと見てる!絶対見た!
死ぬー!好きすぎて死ぬー!
と思って見てたんですよ。
 
 
5分か10分くらい経って、ショッピングモール内ですから買い物客がざわざわと集まってどんどん人も増えてきたわけですが、ライブ会場横のエスカレーターで二階に上がっていく子供が、「かあちゃ〜ん!!!」と下にいる客席に向かって大声で叫んだんですよね。
 
 
漫才中の小宮さんがその子供を見て「お?なんだなんだ?」って漫才を中断して子供にツッコんでて、会場も大笑いしてたんですよ。
 
 
私も笑ってそのエスカレーターの子供を見たら、
 
 

自分の息子だったんですよね。

 
 
しかもウケてる場面じゃなくてわりとしーんとしてた時に大声で「かあちゃ〜ん!!!」って叫ぶから、なんちゅう子供だよって思って見たら、
 
 

自分の息子だったんですよね。

 
 
いやまさか、ライブ中にそんな迷惑行為するのうちの子じゃないだろと思って二度見したらやっぱり、
 
 

自分の息子だったんですよね。

 
 
やべ!って思いましたよ。
 
会場のみんながエスカレーターを登る息子を見てるんですもん。
 
 
そんで小宮さんが私の方を見て、
「あ、お母さん?僕より人気集めるのやめてくださいよ!」とツッコんでくれて、会場も大爆笑してまして、
 
 
私はですね、
 
 
他人のふりを貫きました。
 
 
 
でも小宮さん、一瞬でも私と息子に絡んでくれて嬉しかったです。
 
 
4時からの2回目のライブも見終わって出待ちしましたが、気づかぬうちに三四郎のお二人はタクシーに乗って帰ってしまったので、バチボコ大好き!って言えませんでした。残念無念。。
 
 
f:id:x1around30:20160430000559j:image
 
迷惑親子。
 
 
 
小宮さんを思いながら寝ますさようなら。