さようならはじめまして。

とあるアラサーが、4歳の息子と生活しています。

突然だが好きな人がいる

突然だが好きな人がいる。


彼はメガネをかけていて基本的にスーツ。
目つきが悪いので隠すためにメガネをかけているらしい。
酔っ払って前歯を折り、2本ない。
滑舌が悪いけど、それすらも可愛すぎる。

私は彼にのめり込んでしまった!

そんな彼が今週末に埼玉に来てくれることになった。
だから会いに行こうと思う。


三四郎 小宮浩信に!


f:id:x1around30:20160425201933j:image



三四郎はマセキ芸能社の漫才師です。
私が好きなメガネのほうの小宮さんは、出川哲朗狩野英孝、小宮浩信のマセキ三兄弟としてイジられているキャラです。


f:id:x1around30:20160425220317j:image


最近彼にハマりすぎて毎日のようにYouTubeで三四郎の漫才をみたり、三四郎のオールナイトニッポンゼロを聞いたりしています。


彼の情報を集めていたら、今週末に埼玉のショッピングモールでライブをやるとのことで、行くことに決めました。


なんでこんなにハマったのかを、短く、早く、分かりやすく、漢字だけでお話ししようと思いましたが、一昨日のブログで時間がバチボコかかることを学習したので今日は普通に書きます。




そもそも私の好きなタイプとは?

超絶どーでもいい話ですがとりあえず聞いてくださいそこのお姉さん。


私は話がちゃんとできる人が好きです。
話がちゃんとできるというのはとてもざっくりして分かりづらいので、悪い例を前の旦那との経験談でお話しします。


前の旦那はちゃんと話ができない人でした。

例えば私が、

「今どこにいるの?」と聞いたら、
「遊んでる〜」と返事が来ます。

私が求めている答えは、現在地です。
どこにいるかが知りたいのに、「遊んでる」の答えは私が求めているものとは違うのです。


また違う日に、私が、
「今日会う約束してたよね?何時にどこで待ち合わせする?」
と聞いたら、
旦那が「今日迎えに行くね」
と言うので、
私が「だから何時にどこで?」
と言う感じになります。
私が求めているのは時間と場所ですが、彼の答えは的外れなんです。


何を聞かれているのかを理解し、的確な返事ができる人との会話は、会話がスムーズにいき感動しますが、彼はそれが出来なかったです。


私が何か話題を振っても即答で「さぁね〜」とか「わかんない」と言ったり、笑ってごまかす人も嫌で、なんだかなぁ〜!と私はつい阿藤快風に言ってしまいます。

なんだかなぁ〜!と思ってしまう原因は全て、私のフラストレーションです。


私は自分が思っていることを聞いて欲しいし、あなたの意見もたくさん聞きたい!と思う方なのですが、相手の言ってることが私が聞きたいことと違っていたときにフラストレーションを感じます。
モヤっとします。満たされません。

恋人と喧嘩しているときに「私はこれについてこう思う!あなたはどう思う?」と聞いても、「知らない。もういいよ。」と言われたらモヤっとしますよね。簡単に言うとそんな感じです。
私が面倒くさい性格なのかもしれませんが、『状況に納得したい』のです。


そういうのって、今までの友達関係の長さや親しさや距離感で改善されるものかと思っていましたが、そういうわけでもなくて、自分の親でも話してるうちにモヤるわ〜と思ったりしますし、逆に初対面の人でも「この人と話してると会話がスムーズで楽しくて感動するな〜」と思う人もいて、要は相性だと思います。



で、何で三四郎の小宮さんが好きなのか?


三四郎の小宮さんは、話がちゃんとできる人です。
三四郎のオールナイトニッポンゼロを聞いていると、その様子がよく分かります。
相方の相田さんが「これってどう?」と話を振ると、ちゃんとその回答ができ、さらに話を膨らませて盛り上げます。

たまにおばあちゃんたちの井戸端会議などで、話が膨らみすぎて脱線しまくりで辿り着く先はどこなのかしら…と思う時があると思いますが、小宮さんは振られた話題から道を外しません。

滑舌が悪いし、芸人さんのノリの良さも手伝って、ワーワー言っている感じに聞こえなくもないのですが、話を聞いてると「この人と話したら会話がスムーズにいって気持ちよく話せそうだな〜。満たされるだろうな〜。きっと頭がいいんだろうな〜。」と感じます。

だから好きなんです。
こんな人と結婚したらきっと満たされるだろうな〜と考えてしまいます。


例えば私が、
「このカーペットの模様をずっと見てるとゲシュタルト崩壊しそうだね?」
と言ったら、
彼が「あはは、それは言えてるね!でも俺にはひらがなの『け』をたくさん並べたように見えるかな〜」
とか言われたとしたら、その反応は愛だ!と思ってしまう私なのでした。



そんなわけで小宮さんに恋して数ヶ月、
本物の小宮さんに会えたら、
「バチボコ大好き!小宮もあたしを好きであれ!」

って言おうと思います。(三四郎の漫才を知ってるかたは分かるでしょうか?)


小宮さんと夢で会わないといけないんで寝ますおやすみなさい。